少し時間があるから

このホームページも全く多難です。第1世代のものは、脆弱性を突かれてサーバーに入り込まれて何度も消されてしまいましたが、そのつど復旧をさせて何とかやっていましたが、ついには新しく作り直さざるを得なくなりました。

そしてできたのがこのページです。

しかしこれが全く訳のわからないホームページとなってしまいまして、せっかく見に来ていただいた多くの人をさぞかしがっかりさせてしまったことと思います。

全く、こうしたことに対する知識がないおかげで、結局支離滅裂。肝心要の、街かど美術館をサポートする広報も何もできずじまいでした。申し訳ありませんでした。

しかし、改めるに時を選ぶこともできません。

街かど美術館実行委員会はいったん解散することとしました。唐突かも知れませんが、実行委員はいつも同じメンバーで、年齢もそれなりに高まりました。そのことはいいのですが、若い人たちとの交流をさらに深めて、自然な世代交代といきたいのですが、なかなかそれも思うに任せません。

ここはいったん私たちが、引き上げて新しい力が出てきやすい、余地を作るべきではないか。そういう意見です。

ただ、私たちが引っ込んだらそのまま終わりになってしまいましたでは、無責任のそしりも免れません。

そこで、若い人たちのステージを作るためにはどうしたらいいか、考えました。

今回の街かど美術館で、新しく生まれた動きも、実は余り目立ちははしませんが、実はいくつかの芽が出てきているのです。そういう芽を大事にしつつ、新しいステージへと私たちの活動も移行できるのではないかと今、希望に燃えているのです。

この話はまた続けます。

今はこのホームページの再生ということも考えながら新しい動きを伝えていくことができるようにしたいと思っています。